• 19年2月上演「文豪とアルケミスト」陳内将が演じる生粋の大阪人“織田作之助”のビジュアルが解禁
ニュース

19年2月上演「文豪とアルケミスト」陳内将が演じる生粋の大阪人“織田作之助”のビジュアルが解禁

2019年2月21日(木)に初日を迎える舞台「文豪とアルケミスト 余計者の挽歌(エレジー)」から、これまで解禁されている太宰治(平野良)、志賀直哉(谷佳樹)、芥川龍之介(久保田秀敏)、坂口安吾(小坂涼太郎)、中原中也(深澤大河)に続き、陳内将が演じる織田作之助のビジュアルが解禁になった。

「文豪とアルケミスト」とは、DMM GAMESより配信中の、プレイヤーが特務司書となり再び転生した文豪たちと共に、文学を侵蝕する者たちと戦い、文学の存在を守る任務につく、という文豪転生シミュレーションゲーム。

解禁されたビジュアルでは陳内将が演じる織田作之助の、2本のナイフを構えた凛々しい姿が表現されている。織田作之助は生粋の大阪人で、美男子を自称するなど歯に衣着せぬ物言いをするキャラクター。平野良演じる太宰治、小坂涼太郎演じる坂口安吾とは同じ“無頼派”として仲が良く、親友でもある。

公演チケットは、好評につき東京・京都10公演の先行販売分にて予定枚数が終了。12月9日(日)23:59まで、以下公演を対象に最終先行の申込を受付けている。

【最終先行対象】
■東京
2月22日(金)、2月25日(月)、2月26日(火)、2月27日(水)
※2月27日(水)は夜公演のみ

■京都
3月9日(土)
※3月9日(土)は昼公演のみ

あらすじ
文学作品を守るためにこの世に再び転生した文豪たち。
親友たちとの再会、そして前世ではありえなかった出会いに喜ぶのもつかの間、
太宰のあこがれの人、芥川龍之介の作品が侵蝕される。
芥川先生の作品は俺が守る!と意気込み、仲間を引き連れ潜書する太宰だったが――――。

公演情報

タイトル

文豪とアルケミスト 余計者の挽歌

原作

「文豪とアルケミスト」(DMM GAMES)

監修

DMM GAMES

世界観監修

イシイジロウ

脚本

なるせゆうせい

演出

吉谷光太郎

音楽

坂本英城(ノイジークローク)/tak

振付

MAMORU

アクション

奥住英明(T.P.O.office)

キャスト

太宰治:平野良
織田作之助:陳内将
坂口安吾:小坂涼太郎
佐藤春夫:小南光司
中原中也:深澤大河
志賀直哉:谷佳樹
武者小路実篤:杉江大志
江戸川乱歩:和合真一
芥川龍之介:久保田秀敏

公演期間、劇場

【東京】
2019年2月21日(木)~28日(木)
シアター1010

【京都】
2019年3月9日(土)~10日(日)
京都劇場

チケット料金

8,200円(全席指定/税込)

チケット先行受け付け

11月30日(金)19:00~12月9日(日)23:59

チケットの取り扱いについて

◆チケットぴあ
http://w.pia.jp/t/bunal/

◆ローソンチケット
https://l-tike.com/bungo/

◆e+
http://eplus.jp/bunal/

◆CNプレイガイド
http://www.cnplayguide.com/bunal-butai/

主催

舞台「文豪とアルケミスト」製作委員会

制作

ポリゴンマジック

公式ホームページURL

http://bunal-butai.com/
  (c)舞台「文豪とアルケミスト」製作委員会

WRITTER

ミカエル
							ミカエル
						

バーチャル編集長

このライターが書いた他の記事も読む