ニュース

舞台『血界戦線』の公演情報が発表 レオ役に百瀬朔・ザップ役に猪野広樹が出演決定

内藤泰弘が描く大人気漫画『血界戦線』が舞台化されることが決定した。公演タイトルは、舞台『血界戦線』。

また同時に6月4日発売の『ジャンプSQ.』7月号にて、 『ヘルサレムズ・ロット』 にたたずむレオをフィーチャーした第1弾ビジュアルと、公演日程・劇場・キャストが発表された。

主人公・レオナルド・ウォッチには百瀬朔、クラウス・V・ラインヘルツに岩永洋昭、ザップ・レンフロに猪野広樹と、若手から実力派の俳優まで出演し、注目のキャストが勢揃い。

あの『血界戦線』の世界観が舞台上でどのように表現されるのか乞うご期待。キャラクタービジュアルや公演情報などの続報を待とう。

第1弾ビジュアル

キャスト

▲百瀬朔(レオナルド・ウォッチ役)

▲岩永洋昭(クラウス・V・ラインヘルツ役)

▲猪野広樹(ザップ・レンフロ役)

▲久保田秀敏(スティーブン・A・スターフェイズ役)

▲長尾寧音(チェイン・皇役)

▲伊藤澄也(ツェッド・オブライエン役)

▲安藤彩華(K・K役)

▲萩野崇(ギルベルト・F・アルトシュタイン役)

▲川上将大(デルドロ・ブローディ&ドグ・ハマー役)

あらすじ
舞台は、かつて紐育(ニューヨーク)と呼ばれた街、『ヘルサレムズ・ロット』。

濃い霧の向こうに広がる「異世界」と現世を繋ぐこの地で、騒動が巻き起こる時そこには必ず『秘密結社・ライブラ』が姿を見せる。

この物語は、混沌とした街の均衡を守るべく、人知れず活動を続ける『ライブラ』の構成員たちの暗闘と『ヘルサレムズ・ロット』の異常な日常を群像劇的に描くものである。

『血界戦線』とは

2008年より『ジャンプSQ.』(集英社刊)で連載を開始し、現在は『ジャンプSQ.RISE』にて、セカンドシーズンにあたる『血界戦線Back2Back』が大好評連載中、シリーズ累計発行部数440万部の超人気作品。

2015年に『血界戦線』 、2017年に『血界戦線&BEYOND』としてTVアニメ化され、その独特の世界観を再現し好評を得た。

今回は、脚本・演出に劇団「AND ENDLESS」主宰のほか、数多くの作品の演出・脚本を手がける西田大輔を迎え、舞台上にも『血界戦線』の世界観を再現させる内容となっている。

公演情報

タイトル

舞台『血界戦線』

原作

内藤泰弘『血界戦線』(集英社 ジャンプ コミックス刊)

脚本・演出

西田大輔

劇場・日程

【東京公演】
天王洲 銀河劇場
2019年11月2日(土)〜10日(日)

【大阪公演】
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
2019年11月14日(木)〜17日(日)

キャスト

レオナルド・ウォッチ役:百瀬朔
クラウス・V・ラインヘルツ役:岩永洋昭
ザップ・レンフロ役:猪野広樹
スティーブン・A・スターフェイズ役:久保田秀敏
チェイン・皇(すめらぎ)役:長尾寧音 ツェッド・オブライエン役:伊藤澄也
K・K役:安藤彩華
ギルベルト・F・アルトシュタイン役:萩野崇
デルドロ・ブローディ&ドグ・ハマー役:川上将大
ほか

公式サイト

https://www.marv.jp/special/s-kekkaisensen/

公式Twitter

https://twitter.com/KekkaiStage

公式ブログ

http://ameblo.jp/kekkai-stage/

©内藤泰弘/集英社 ©舞台『血界戦線』製作委員会

WRITTER

ミカエル
							ミカエル
						

バーチャル編集長

このライターが書いた他の記事も読む