インタビュー

橋本祥平がサウナ愛を大いに語る こだわりの「ととのう」方法は?

画像一覧はこちら
DMM
DMM

8月29日、サウナに特化したムック本『BEST SAUNA vol.2』が発売された。

『週刊SPA!』でサウナに関する連載を担当している俳優・橋本祥平。『BEST SAUNA vol.2』には、連載で載せることができなかった未公開カットが多数掲載されており、自他ともに認めるサウナ好きの橋本祥平がさまざまなサウナ施設を訪れ、「ととのう」様子が楽しめる。

そして同じくサウナ好きとして知られる俳優・鳥越裕貴とのディープな「サウナ談義」も見逃せない。

2.5ジゲン!!では、『BEST SAUNA vol.2』発売直後の橋本にインタビューを実施。本誌の撮影秘話やおすすめサウナ、そして自身こだわりの「ととのえ方法」についてじっくり語ってもらった。

サウナ施設で感じるスタッフの「サウナ愛」

――ムック本『BEST SAUNA vol.2』が発売されました。できあがった本をご覧になった感想はいかがですか?

めちゃめちゃうれしいです。いちサウナファンとして、今まで行ったサウナ施設のことなど、思い出がたくさんつまった1冊になっています。改めて1ページ1ページ見ていくと「この時こうだったなあ」と、その時の気持ちがよみがえるアルバムのような本です。もちろん僕の写真がたくさん載っていることもうれしいので、両方の意味でありがたいなと感じています。

――本を拝読して、素敵なサウナ施設がこんなにあるのか…と驚きました。

僕も週刊SPA!さんで連載を担当させていただいてから、都心にこんな施設があったんだ…という驚きの発見ばかりです。

施設ごとに、スタッフの方々のサウナ愛やサウナ熱量がすごいんですよ。サウナを愛していらっしゃるスタッフの方々が、どうすればサウナにくる人が気持ち良くととのうことができるかを考えて施設作りをしているかが、ひしひしと感じられます。

例えば、サウナを出てから水風呂まですぐに行ける距離になっているとか、水風呂からととのえるソファまでの距離とか、動線などいろいろ計算しつくされていますから、まさにスタッフの方の「サウナ愛」を感じますね。

――これまでで印象に残ったサウナ施設はありますか?

どの施設も個性があってすごく面白いと思いました。この本では「サウナ好き1000人が選ぶ 行ってよかったサウナ部門別ランキング」があるのですが、個人的に、様々な部門で上位に入っている「草加健康センター」に行けて良かったと思っています。

草加健康センターはいろいろなメディアで取り上げられていますが、広々としたサウナがあり、熱波師さんが特徴的なんです。

熱波師とは、決まった時間にサウナ室に来てタオルで蒸気をあおいでくれる人のことをいうのですが、草加健康センターの熱波師さんは、ブロワーを使って風を送ってくれるんです。これがものすごい威力で、熱に強い人でも「熱い!」って出て行ってしまうぐらいです。

僕も体験しましたが、ものすごい破壊力でした。ブロワーを使う熱波師さんは、僕が知る限り見たことがないので、めずらしいのではないかなと思います。「熱い!」からの水風呂がとても気持ちがいいんですよ!

そしてこちらの施設は、温泉の種類も豊富なので、サウナが苦手な人も楽しめると思います。

舞台の現場では「サウナトーク」で距離が縮まることも

――橋本さんが出演しているサウナ番組『サウナ日和』が、9月1日からAmazonプライム・ビデオとU-NEXTで配信されています。番組では北村健人さんと伊万里有さんとサウナを楽しんでいらっしゃいますが、サウナ仲間は結構いらっしゃるんですか?

最近は、1つの現場に行くと、男性出演者の半分はサウナ好き…という感じですね。現場へ行くとサウナの話で毎回盛り上がりますし、サウナ仲間はいっぱいいます。

以前は初共演の人と一緒にご飯を食べに行って距離感を縮めるという感じでしたが、今は食事や飲みに行くことが難しいので、サウナトークで盛り上がって距離が近くなっているような気がします。そのたびに「サウナっていろんな人に愛されているんだなあ」と思いますね。

ただ、一緒にサウナへ行く距離感の人は意外に少ないです。一緒にサウナへ行けばどうしても深い話をしてしまうんです。黙浴が推奨されているこのご時世では難しい面があるので、最近は1人でサウナの時間だけを楽しむことが多いです。

――『サウナ日和』では、橋本さんが北村さん、伊万里さんと本当に楽しそうにお話をされていて、和気あいあいとしていました。実際の現場はいかがでしたか?

画面に映っているあのままの雰囲気でしたし、実際にカメラが回っていないところでも、ずっと3人でサウナに入っていて、様々な話ができました。「裸のつきあい」という言葉がありますが本当にそのとおりで、衣を1枚ぬぐだけで距離が縮まるんだ…と感じられて楽しかったです。

――『BEST SAUNA vol.2』では、鳥越裕貴さんとディープなサウナトークをされています。こちらの撮影はどんな雰囲気で行われましたか?

鳥くん(鳥越)もベテランサウナー(サウナ好きの意)で、サウナのために地方まで足を伸ばしてしまうぐらい、めちゃくちゃ好きなんですよ。ですからサウナについて語り出したら止まらないですね。撮影の時は、僕よりも自然な雰囲気でサウナに入っていました(笑)。

昔、撮影で千葉県へ行ったとき、帰りに「めっちゃ汗かいたから、サウナへ寄ろうよ」と鳥くんと一緒にサウナへ行ったことがあったんです。面白いと思ったのは、お互い服を脱いでサウナに入ったら別行動になるんですよ。

それぞれのルーティーンや時間があって、僕たちは2人ともそれをきちんと守るんです。サウナに入る時間や水風呂につかっている時間も違うし、もっと言えばととのっている時間も違う。だいたい僕らは「サウナ→水風呂→ととのい」と3周ぐらい繰り返すんですが、3周目でようやく会うという感じでしたね。ととのうまでの行程って、人それぞれなんですよ。

サウナは自分のコンディションを教えてくれる大切な存在

――橋本さんがこだわる「ととのう」行程を具体的に教えていただけますか?

まず身体をよく洗って、いきなりサウナに入るのではなく、お湯につかって身体を芯から温めてからサウナへ行きます。

その日のコンディションにもよりますが、だいたいサウナには12分ほど入ります。そして水風呂に2~3分入って、その後、ととのいの時間を長めに取りたいので、20分ぐらい横になっています。

サウナへ行ったらあっという間に時間が過ぎてしまいますから、理想をいえば仕事終わりに「今日はこのあと何も気にしなくていい」という気分で行くのが1番いいですね。

――改めて橋本さんにとってサウナとはどんな存在ですか?

自分のコンディションを教えてくれるものです。今日はちょっと体調が悪いかも…という時は汗の出が悪いですし、体調がいい時は流れる汗の質が良いんです。自分自身を知るのに、サウナはすごくいいですね。自分の身体で起きている異常って、意外に分かるようで分からなかったりするものですから、そういうことをサウナが教えてくれます。「健康を維持するためにサウナへ入る」というのが、サウナに入る大きな理由の1つかもしれません。

――『BEST SAUNA vol.2』の見どころを教えてください。

『BEST SAUNA』というタイトルのとおり、サウナ施設のことを本当に詳しく書いているので、自分に合いそうな施設を探してぜひ足を運んでいただけたらと思います。

――最後に、今後行ってみたいサウナはありますか?

いつかサウナ発祥の地・フィンランドへ行って、本場のサウナを体験したいです。フィンランドでは、水風呂の代わりに池に飛び込むらしいですけど、それができるのかな…というドキドキはあるんですが(笑)、試してみたいです。

国内でいえば、静岡県の「しきじ」という施設があって、サウナの聖地といわれています。水風呂が湧き水で、飲むことができるんですよ。いつか必ず行ってみたいですね。

取材・文:咲田真菜
撮影場所:HUBHUB日本橋人形町(東京都中央区)

DMM
DMM

画像一覧

  • 橋本祥平がサウナ愛を大いに語る こだわりの「ととのう」方法は? イメージ画像
  • 橋本祥平がサウナ愛を大いに語る こだわりの「ととのう」方法は? イメージ画像
  • 橋本祥平がサウナ愛を大いに語る こだわりの「ととのう」方法は? イメージ画像
  • 橋本祥平がサウナ愛を大いに語る こだわりの「ととのう」方法は? イメージ画像
  • 橋本祥平がサウナ愛を大いに語る こだわりの「ととのう」方法は? イメージ画像
  • 橋本祥平がサウナ愛を大いに語る こだわりの「ととのう」方法は? イメージ画像
  • 橋本祥平がサウナ愛を大いに語る こだわりの「ととのう」方法は? イメージ画像
  • 橋本祥平がサウナ愛を大いに語る こだわりの「ととのう」方法は? イメージ画像
  • 橋本祥平がサウナ愛を大いに語る こだわりの「ととのう」方法は? イメージ画像
  • 橋本祥平がサウナ愛を大いに語る こだわりの「ととのう」方法は? イメージ画像

WRITER