インタビュー

谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語

画像一覧はこちら

文豪たちの名を持つ魅力的なキャラクターたちと、彼らが繰り広げる熱い異能力バトルが人気の「文豪ストレイドッグス」。2016年に放送開始されたアニメは第3期まで放送され、2017年からは舞台シリーズがスタート。そして2022年1月、シリーズ初となる実写映画『文豪ストレイドッグス BEAST』が公開される。

2.5ジゲン!!では本作で太宰治を演じる田淵累生と織田作之助役を演じる谷口賢志にインタビューを実施。Ifの物語が描かれる本作ならではの見どころや役への思いを、作品への愛情たっぷりに語ってもらった。

――お二人は本作が初共演となりますが、一緒に取材と聞いていかがでしたか。

田淵累生(太宰治役):僕は緊張しました。

谷口賢志(織田作之助役):何に緊張するの(笑)。撮影以外で一緒になる現場は今日が初めてですけど、僕は特に(一緒に取材と聞いて)何も思っていなかったですね。カッコつけるわけじゃないですけど、そんなに話さなくても、芝居をすれば分かるというか。

僕は舞台も観に行っているので、舞台上で動いている累生を観たり、SNSを見て今どきの子っぽいなって思ったり、だけどすごく好青年だっていうのを知っているので。特別仲良しというわけではないですけど、SNS上でのやり取りとかから、僕が愛を持って彼と接しているっていうのは伝わっていると思っていたら、緊張するって言うからちょっとショックです(笑)。

田淵:お会いするのが久々だったので…。

谷口:そうだよね、年齢も18違うしね。僕が高3のときに累生は産まれているんだもんね。普通に考えたら怖いか。

田淵:大先輩なので、下手なことはしゃべれないなって。

谷口:全然いいよ! どんなことでも話してよ(笑)。

田淵:初めてお会いする前に、ピーちゃんさん(中島敦役の鳥越裕貴)と植ちゃんさん(中原中也役の植田圭輔)が正反対のことを仰っていたんですよ。植ちゃんさんは「めっちゃほんま優しいから、緊張せずにいってええで」って。ピーちゃんさんは僕を焦らそうと「めっちゃ怖いぞ…」って言ってきて(笑)。

――実際お会いして、どちらの意見に寄っていますか?

田淵:今は植ちゃんさん寄りの印象ですね。

谷口:お~。でも、まあどっちも合ってるけどね(笑)。

――今作は「文豪ストレイドッグス」初の実写映画化となります。出演が決まった際の心境を教えてください。

田淵:舞台キャストとして「黒の時代」を僕自身は演じることができなかったので、今回「BEAST」を通してそのシーンを演じられるということは、太宰治として根本的に一番やらなきゃいけない部分をできるということで、嬉しい気持ちはもちろんあったんですけど、どちらかというと安心しましたね。良かった、そこを演じることができるんだ、と。

谷口:実写映画化の話を頂いたときに率直に感じたのは、舞台キャスト全員そのままで実写映画化してくれるんだっていうことですかね。強い決意というか、僕たちへの愛みたいなものをプロデューサーや制作陣から感じて、それが本当に嬉しかったですね。

良い悪いという話ではなく、やっぱり映画化とかドラマ化の際に舞台キャストから変わるっていうことが事実として多いので、僕たちが舞台で団結した力をそのまま映画に持っていけるっていうことに対して感謝の気持ちが大きかったです。

(C)映画「文豪ストレイドッグス BEAST」製作委員

「BEAST」については、僕が舞台で「黒の時代」を演じ終わった後に、本当に多くの方から「BEASTをやってほしい」という声を、耳にタコができるくらいいただいていたので(笑)。それが実現したというのは、もちろん僕も嬉しいんですが、何よりも作品を応援してきたファンの方たちが嬉しいことなんじゃないのかなって思っています。これで耳のタコがなくなりそうで良かったです。

一同:(笑)。

――谷口さん演じる織田は久々の登場です。どんな思いで久々の織田作を演じましたか。

谷口:チーム「文ステ」の結束力と愛はずっと感じていて、できる限り僕が出ていない公演でも応援して、次に繋がるようにと常日頃思っていたので、「黒の時代」が終わってからも織田作之助が体から抜けきったことがなかったんですよね。なので、映画のために織田作之助としてネジをまき直すとか、改めて準備してってことはなかったです。

だけど、「黒の時代」で太宰を演じていた多和田任益から、今回は累生に変わっていて。この作品がIfの物語であることも含めて、キャストが違うっていうことを前向きに考えるようにしました。

「黒の時代」では織田が太宰のために命をかけていたんですが、生き返ってみたら森鴎外役を演じていた窪寺昭とはもう二度と会えないっていう事実が実世界ではあって。リアルで会えなくなった“もし”と、役として太宰を演じるキャストが変わったっていう“もし”が、自分の中でシンクロしていたので、そういう部分でもすんなりこの作品に入っていけましたね。

あとシンプルに累生の太宰が良かったんですよね。演技を初めたばかりの眩しさというか、そのときにしか生まれない輝きみたいなものが全力で出ていたので、僕はそれを受け取って一緒に芝居をするだけでシンプルに織田になれたので、不思議なものですね。

それとやっぱりチームの結束力ですかね。LINEのやり取りも「文豪ストレイドッグス」のスタンプでやり取りしますし(笑)。みんな自分の演じるキャラのスタンプを送り合っていて…この話、恥ずかしいですね!?

――いえ! 「文ステ」のファミリー感がすごく伝わってきます。

谷口:そんな具合で、いつもみんなが僕を織田作でいさせてくれたので、僕の中にはいつも彼がいましたね。

――一方で田淵さんはこの1年、太宰に向き合う年になったかと思います。本作も含め3作品で太宰を演じていますが、田淵さんなりの太宰像は掴めましたか?

田淵:そうですね。太宰に対して分かる部分が増えていく一方で、逆に分からない部分も増えてきていて。正解がたくさんあるというか、つかみきれていない部分もまだいくつもあるなって感じています。言葉では表しきれない人物だなって思うので、言葉にすると何と言ったらいいのか分からないんですが…。ん~何て言ったらいいんですかね、難しいです。

(C)映画「文豪ストレイドッグス BEAST」製作委員

谷口:きっとここからなんじゃないかな。キャラに受信と発信という役割があるとしたら、太宰は人に何かをぶつけて物語を進めていく“発信”の役じゃない。いつも周りに何かをぶつけていって、同時に何をしているか分からないっていう人でしょ。

でも累生は役者として道を登り始めたところで、発信の仕方とか周りへのぶつけ方がまだ手探りな状態なわけじゃない。今は太宰という役をいっぱい自分の中に入れながらやっている最中だと思うんだけど、僕は今回の累生の芝居からは、織田に向かって“発信”しようとしているのをすごく感じたんだよね。「あなたのために僕はこうしているんだよ」っていうのをすごく感じて。この前の舞台「十五歳編」でも、どんどん発信してもう植ちゃんを芝居で煽っていたじゃない。だからきっとここから続けていくことで “田淵累生の太宰治”ができてくるから、そうなったらもっと楽しくなるんじゃないのかな。

太宰はね、答えがない、それでいいんじゃないかと思うんだよね。だから僕はやりたくないもん(笑)。めっちゃ難しい役だと思うから。

――加えて本作では“If”という要素も加わって、より難しいのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

谷口:もしかしたら逆に「BEAST」の方が、太宰の生き様に関しては分かりやすいかもしれないね。この世界では、太宰はもう織田作のためにしか生きていないので。「黒の時代」を演じていない累生にとっては、この「BEAST」できっと太宰をまた一つ掴めたんじゃないかと思うし、ちょっとさっき映像観たんだけど、めっちゃいいね太宰。

田淵:(照)。

谷口:めちゃくちゃカッコよかったじゃん。僕も包帯すれば良かった(笑)。

――本作は脚本を原作者の朝霧カフカ先生が手掛けています。先生の脚本の印象はいかがでしたか。

田淵:言葉が美しいんですよね。セリフの一つ一つがキレイだなって。すごくイメージがしやすいんですよ。

谷口:小説から舞台にする、映画にするってなると、舞台や映画にしたときの見え方みたいな思考がどうしたって脚本に入ってくるんですけど、カフカ先生の脚本の場合は、先生が「BEAST」でどうしても伝えたいものが純度100%で脚本になっているっていうのを感じましたね。だから余計なことを考えずに、シンプルに脚本にあるセリフの中に生きようって思いました。

――Ifならではのお気に入りのシーンや注目してほしいシーンがあれば教えてください。

谷口:子供と遊ぶ芥川龍之介(演:橋本祥平)ですかね。最高でした。僕はもう泣きそうになりましたね。芥川が子供と戯れる姿に。あれはなかなか、というか絶対本来の世界では見られない姿ですからね。

個人的には「ここが武装探偵社だ」って僕が芥川に言うシーンが、Ifならではで面白かったです。全部間違っているから、祥平と一緒に「これなんだろうね」って言いながらやっていましたね。もちろん僕たち2人のシーンは言わずもがななんですけど。

田淵:僕はやっぱり織田作とのシーンですね。多和田さんが演じられていた「黒の時代」があって、ルパンで会った織田作が僕のことを知らないっていうのが僕自身にリンクしていた部分もあるんですけど、知ってもらえないことのつらさとか、突き放されてしまう部分を演じることができて良かったなって思います。

「黒の時代」のワンシーンをここで演じることができたのは、太宰治を演じるにあたって一番大事な部分が埋まったっていう感覚なので、本当にやれて良かったです。今でも鮮明に思い出せるくらい、脳裏に焼き付いていますね。

谷口:Ifならではなんですけど、何回ループしてもその記憶を全部持ちながら、また違う人生を歩んでいる人みたいな感覚になるんですよ。僕自身はあそこのお店でみんなで乾杯して仲良かったシーンをやったことがあって、それも覚えているのに、今回は太宰に対して「お前誰だ?」っていう態度で接しているし。織田は昔のことを知らないけど、太宰はそのことを知っているし、っていう感じでもう混乱しちゃって(笑)。よく分からないけど、とりあえず2人でルパンで対峙するシーンで、最初に2人で泣きました。泣いちゃいけないシーンなんですけど、テスト終わって本番のカメラを回した瞬間、2人で泣いちゃって。色々積み重ねてきたものとか、思うものがあって、しんどいシーンでしたね。

田淵:しんどかったですね。

谷口:でも実はそのシーン、誰よりもプロデューサーが一番泣いていました。

一同:(笑)

谷口:それで僕に「(織田は)なんでそんなこと太宰さんに言うんですか」って言ってくるんですよ。作り手側なのに(笑)。

――作品への大きな愛を感じますね。では最後に、公開を楽しみにしているファンにメッセージをお願いします。

田淵:この作品を演じるにあたり、織田作の大切さをどれだけ大きくできるのかっていうのを僕なりに意識して取り組みました。この作品を通して、織田作という人間が、太宰にとってどれだけ生きる意味であり、大切な存在だったかというのが見えてくるので、その部分に注目してほしいです。あと中島敦と芥川龍之介の2人が入れ替わってどういう結末を迎えるのかっていう部分も楽しんでいただけると思うので、ぜひ映画館に足を運んでいただけたら嬉しいです。

谷口:嘘偽りなく、小説・舞台・アニメ・漫画に携わってくれた皆さんのおかげで、この「BEAST」にたどり着き、完成させることができました。言いたいことは一つだけです。どんな状況下にあっても、この「文豪ストレイドッグス」は不要不急ではなく必要であると、この作品で証明したい。全員で魂込めて作りましたので、ぜひ皆さんでそれを確かめに映画館に来てください。よろしくお願いします。

* * *

この日、撮影以来の再会だったという2人。谷口は終始優しいまなざしで田淵の言葉に耳を傾け、田淵は谷口の言葉に真剣にうなずいていたのが印象的だった。

「BEAST」で初めて交錯する、田淵の太宰治と谷口の織田作之助。所属が入れ替わった中島敦と芥川龍之介のIfの物語と共に、本来の世界とは違った道を歩む太宰と織田の物語にもぜひ注目してもらいたい。

映画『文豪ストレイドッグス BEAST』は2022年1月7日(金)公開。

取材・文:双海しお/撮影:ケイヒカル/(C)映画「文豪ストレイドッグス BEAST」製作委員会

画像一覧

  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像
  • 谷口賢志×田淵累生、二人が涙したルパンでのシーンとは? 映画「文スト」が描く“If”の物語 イメージ画像

公演情報

タイトル

映画「文豪ストレイドッグス BEAST」

公開

2022年1月7日(金)

キャスト

橋本祥平、鳥越裕貴、谷口賢志、田淵累生、紺野彩夏、桑江咲菜/植田圭輔、輝馬、長江崚行、桑野晃輔、堀之内仁、広川碧、齋藤明里、村田充、岸本勇太、南圭介/荒木宏文

原作

角川ビーンズ文庫「文豪ストレイドッグス BEAST」

監督

坂本浩一

脚本

朝霧カフカ

音楽

岩崎琢

主題歌

GRANRODEO 「時計回りのトルク」

配給

KADOKAWA

公式HP

https://bungo-movie.com/

公式Twitter

@bungo_movie

(C)映画「文豪ストレイドッグス BEAST」製作委員会

WRITER

双海 しお
 
							双海 しお
						

アイスと舞台とアニメが好きなライター。2.5次元はいいぞ!ミュージカルはいいぞ!舞台はいいぞ!若手俳優はいいぞ!を届けていきたいと思っています。役者や作品が表現した世界を、文字で伝えていきたいと試行錯誤の日々。

このライターが書いた他の記事も読む