インタビュー

丘山晴己×輝山立、『青山オペレッタ 』ブランドを担う 本気度MAXで親しみあるオペラを

画像一覧はこちら

2次元×3次元で繰り広げられるメディアミックス演劇コンテンツ「青山オペレッタ」。100年以上の歴史を持つ歌劇団・青山オペレッタで、最も長い歴史を持つトップチーム・ピエナの活躍を描く、舞台第2弾公演『青山オペレッタ THE STAGE ~ルーナ・ピエナ/満ちる月~』が10月9日(土)に幕を開ける。

2.5ジゲン!!では美園爽人を演じる丘山晴己、聖波留を演じる輝山立にインタビューを実施、“ダブルきやま対談”が実現した。トップチーム・ピエナの魅力や劇中劇の見どころ、役者としてのお互いの印象などを聞いた。

第2弾にしてピエナ集結!

−−輝山さんは「青山オペレッタ」初参加です。まずは作品への出演が決まった際の心境を教えてください。

輝山立(聖波留役):プロジェクトが立ち上がったときから「すごく面白そうだな」と思っていて。それがちょうど(矢地桐久役の)大平峻也と共演しているタイミングだったのかな。彼とも「面白そうなことしているね」って話したりもしていたので、こうして自分も参加できるってなったときはすっごく嬉しかったですね。なかなか他ではないメディアミックス作品の数じゃないですか。ラジオもドラマCDも舞台もしてって。役者にとってはすごくワクワクするプロジェクトだなって思いました。

――もともと注目されていたんですね。一方で丘山さんは本作でやっとチームメンバーが揃います。ピエナが揃ってみて、いかがですか。

丘山晴己(美園爽人役):これまでチームメンバーがいる体でやっていたので、こうして実際にチームメンバーができるとリアル感が増しますよね。みんなすごくいいキャストなので、あ~いい座組だなって思うし、一匹狼じゃなくてお友達がいっぱいの方がやっぱり嬉しいですね。はるちゃん(丘山)としては(笑)。

――初登場となるピエナの3人はどんなキャラクターなのでしょうか。

丘山:設楽銀河くんが演じる(夏目)澪ちゃんがキャッキャキャッキャしている。他3人は全員クールなんですよ。だけどクールさがちょっとずつ違う感じ。僕たち2人はギクシャクしているけど、ギクシャクが取れた後の聖はどんな感じなのかなっていうのは、僕はまだ見えていないので、それは立くんがこれから作っていくんだろうなって思いますね。

――今作の美園についてはいかがですか。

丘山:美園さんは前回ちょっとはっちゃけ過ぎたので(笑)。だいぶ楽しそうにやっちゃったんですけど、今回はあの美園さんではないんですよ。(前回は)イマジネーションの中の美園さんが多かったけど、美園さん自身はもうちょっとクールな、でも熱くてプレッシャーにも強くて、自分のやらなきゃいけないことはしっかりやるっていう人。そういった内面的な歌劇団へのパッションが垣間見える美園さんが、今回は増えてくるんじゃないかなって思います。

もちろん前作の姿も美園さんの持つ顔の一つではあるし、そういうところがあるのも彼の魅力なので、前作の美園さん像を持ちつつ2作目を観ていただくと、どんどん美園さんが魅力的に思えるかなって思うし、そうなったらいいなって思います。

――初登場となる聖の役どころと魅力について教えてください。

輝山:聖波留は「ピエナの絶対女王」というポジションで、有名映画監督の父と大女優の母を持つ演劇界のスーパーサラブレッドっていう役なんですよ。プレッシャーだらけの役ではあるんですけど、すごく自信があるけど、どこか自信がないというか、一本筋が通った人柄なんですけど、その中で葛藤しているというか。そういうキャラクターなので、ツンが多くて全然デレないんです。

なので、いつそのとき(デレ)が来るのかなっていうのを楽しみにしてもらいつつ、彼は美園から影響を与えられて、同時に影響を与えていくキャラクターだと思うので、ピエナの中でも新しい役割を持つキャラクターなのかなって思っています。波留さんは「青山オペレッタ」の中でも、かなりパンチの効いているキャラクターだと自分でも思うので、そういった意味でも作品にいい影響を与えていけたらなって。

劇中劇のオペラに「やばい」

――先日キャラクターボイスの収録もされたそうですが、舞台で披露する前にキャラクターの声を演じてみていかがでしたか。

輝山:すごく面白いなって思いました。立ち稽古の前にキャラクターボイスの収録があったんですよ。そこで自分の中でのキャラクター像が変わった部分が大きくて。自分が思っていたよりも、もっと強かったりとか、キャラクターの気持ちのベースが低かったりとか。そういった部分は、収録でディレクターさんと話したことで修正できた部分なので、それを今度は稽古場に持っていくっていうのはなかなかないことなので、すごくいい経験をさせていただいていますね。

――収録はスムーズにいきましたか?

輝山:いや、すごく苦労しました! 1話録るのにものすごい時間が掛かって、全部で2時間くらいかな…。そのうちの1時間は4つくらいのセリフを永遠と言い続けるっていうキャラクター作りのための時間があって、そこでベースができてきたら録り始めていくっていう形だったので、めちゃくちゃ苦戦しました。

丘山:ディレクターさんが僕たちでも掘り下げないくらいのところまで掘り下げてディレクションしてくださったので、収録しながらキャラクターについてめちゃくちゃ勉強させてもらいましたね。

声優としての仕事を通して、言葉を声だけで表現するっていう作業に「どれだけ日本語難しいんだろう」って改めて帰国子女のはるちゃんはびっくりしました(笑)。日本語って僕からすると方言を省くとイントネーションが少なく感じるんですよ。「好き」って言ったら「好き」だけど、アメリカでは「like」で4つ、5つの意味が出てくるんですよ。だから日本語で一つの単語に対して、そんなに意味の違いがあるわけないって思っていたわけですよ。そうしたら全部の動詞に(ニュアンスの違いが)あるわけですよ。そう考えると、日本語は言い回しが難しいし、一つ一つの意味合いがちゃんと言葉で表現されているんだなって、当たり前っていえば当たり前なんだけど、改めて声優さんの仕事ってすごいんだなって思いましたね。

――今作はピエナが中心となりますが、ピエナならではの雰囲気やノーヴァとの違いはどんなところに感じていますか。

輝山:ピエナは話の軸が“対立”なので、そこがノーヴァとは違うところかなって思いますし、ぶつかっていく中でお話ができていくっていうのは、ピエナらしい要素なのかなって。どうですか?

丘山:前作は“お披露目”だったんだろうなって思うんですよ。今作から「青山オペレッタ」っていうブランドを作っていく。ブランドお披露目(前作)からランウェイを経て、実際にお客さまに価値を問うっていうところで、僕たちはブランドを見せていくっていうところを担うと思うので、ちょっと責任のある2作目だと僕は思うんです。

立くんも言ってくれたように、ピエナの色として対立を軸に話が進んでいくんですけど、前回よりも「青山オペレッタ」という題材にグッと一歩踏み込んだ感じがありますね。どうして「青山オペレッタ」って呼ばれるのっていうところにね。前作の続きなら、歌劇団として純和風な作品だったりブロードウェイっぽい作品だったりもできたと思うんですけど、これぞ「青山オペレッタ」ということで僕たちがオペレッタをやる意味っていうのが、僕も今作で分かったんだよね。1作目ももちろん大事だけど、この2作目でより本題に入っていく。そんなブランディングを担う2作目だと思っています。

――劇中劇の題材がついにオペラとなりますね。稽古をしてみた感想を教えてください。

輝山:やばいです。

丘山:劇中劇だけど40分あります。だけどセリフは10行くらい。あとはずっと歌っています。今はもう時間との戦いなんですが、それは言い訳でしかないので、時間の件を置いておくとすごく面白いよね。

輝山:難しい題材ですけど、面白いです。すごいなって思ったのは、オペラだけを観たら僕は絶対分からないと思うんですよ。難しい題材ですし。だけどこの作品では1幕のお芝居の関係性を通して2幕(劇中劇)を観ることができるので、そうするとなんとなくと話が入ってくるんですよ。1幕のストーリーやキャラクターをオペラに落とし込んでいるから、オペラがすごく観やすくなっていて。オペラって敷居が高いと感じている人も多いと思うんですけど、「青山オペレッタ」を通すことでオペラを身近に感じてもらえるんじゃないかなと。

丘山:たしかにそうだね。1幕ではレッスンしながらオペラへの説明も入ってくるので、よりオペラを観てもらいやすいんじゃないかと思う。

オペラの歌い方をするっていうわけではないんですけど、前回よりももっと“本気”。前作はいい意味でシェイクスピアらしくないポップな歌やダンスで表現していたじゃないですか。だけど今作は、台本読んで僕『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャン役かと思ったもん。それくらい本気。2幕の幕が開けた瞬間、何を観ているんだって思うお客さんもいるかもしれないね。

輝山:本当にすごい壮大な世界観になっていますよね。

丘山:このままホビット出てくるんじゃないかと思ったもん。

一同:(笑)。

――その違いというのは、歌劇団を引っ張るトップチーム・ピエナと新生チーム・ノーヴァの違いなのかもしれないですね。

丘山:あ~なるほど。ものすごくうまいこと言いますね。それ僕の発言にしておいてください(笑)。というのは冗談ですが、前作でいいフォーマットが生まれたので、今作でさらに高めていきたいですね。新作が決まったら皆さんが「じゃあ2幕今度は何かな」ってワクワクするくらい、劇中劇も「青オペ」らしさとして確立していけたらいいなと思います。

――聖はベネラになります。ベネラの衣装を着てみた感想を教えてください。

輝山:正直、これ着て踊れるかなって思いましたね。スカートもすごく豪華で、自分の可動域をどれだけ取られるんだろうっていうくらい衣装も大きいんですよ。慣れるまでは大変そうですけど、あの衣装で踊れたらすごく素敵なレビューショーになるんじゃないかなと思います。すごく素敵な衣装なので、はやく衣装と仲良くなりたいです(笑)。

丘山:そうだよね。ショーでは階段も使うしね。

輝山:10センチくらいのヒールも履くんですけど、もちろん経験ないですし。そこに関してはいい意味ではやく慣れたいですね。

――お二人は以前にも共演経験がありますが、お芝居で絡むというのは今回が初めてでしょうか?

輝山:初ですね。過去の共演作では、同じシーンにいたことはあるかもしれないけど、晴さんとセリフを交わすっていうことはなかったので。

見どころとメッセージ

――初対面での印象は覚えていますか?

丘山:やっぱり名前だよね。親近感が自然と生まれちゃう。

輝山:そうですね。僕は同じ「きやま」として、共演するずっと前から晴さんのこと意識していました。

丘山:あ、そうなんだ!?

輝山:SNSとかマメにチェックしていました(笑)。

丘山:「この人、ハート多いけど大丈夫かな」って思わなかった?

輝山:いや(笑)。でもどんな方なんだろうなって思いながら見ていました。

――実際に一緒に芝居をしてみていかがですか。

丘山:立ちゃんは本当にまっすぐだし真面目だし、理解もすごくしているから一緒にやっていて楽しいです。今はまだ作っている途中なんですけど、いい感じにキャッチボールできそうだし、いっぱいサポートもしてもらおうと思いました。それくらい信用できる役者さんです。

輝山:ちょうど昨日の稽古で話しながらシーンを作っていったんですけど、僕の考えが至っていないところまで晴さんは到達されているから、そこはさすがだなって思いますし。

丘山:お、嬉しいな。あとでチョコレートあげよ。

一同:(笑)。

輝山:晴さんに言ってもらったことで自分の感じていることが広がっていくのを、昨日の時点ですごく実感したので、これを積み重ねていったらすごくいいシーンになるなって。僕も遠慮せずに晴さんに言える環境を作ってくださっているし、晴さん自身も言ってくださるし、すごく感謝しています。

――「青オペ」先輩の丘山さんから、何かアドバイスはありますか。

丘山:アドバイスか~。でも僕前回、そんなに出てないんですよ(笑)。

――でもインパクトは抜群でしたよ!

丘山:そう、インパクトはね(笑)。でも出演していた身からすると、すごくいいカンパニー。演出家さんをはじめクリエイターチームもすごく愛している作品なので、そういったところでブレがないんですよ。その中でこうして仕事ができるって、すごく幸せなことで。だから、構えなくていい作品かもしれない。自分の思う表現のままにキャラクターを作っていって、のびのびしてもらいたいなって思います。だから僕はのびのびしちゃう!

一同:(笑)。

丘山:これで後からもし「のびのびするな」って言ったら引っ叩いてください(笑)。

――ピエナ4人の雰囲気はいかがですか。

「青山オペレッタ THE STAGE ~ルーナ・ピエナ/満ちる月~」メインキャストビジュアル

丘山:立くん以外は初めましてですけど、僕は全然ズンズン行っちゃうんで、初共演の壁はないんです。僕も行くけど、意外と銀河もズンズン来たので「この子は面白いな」って思いましたね(笑)。意外と来るよね?

輝山:そうなんですよ(笑)。

丘山:あんまりそうやって来る人っていないから、そこは親近感が湧いたかな。(横澤寿泉役の)武子直輝くんも独特な雰囲気があって、初共演だけど楽しみ。彼はカメラが好きなんだよね。そんな話で盛り上がったりもして。

輝山:へ~…。

丘山:興味ないんだよね?

輝山:ないですね。

一同:(笑)。

輝山:武子とは共演経験もあるし歳も同じですけど、知らなかったです。

丘山:すごくいい人で、僕がふざけていても彼はニコニコ聞いてくれるの。

輝山:でも彼もけっこうふざけたがるんですよ。

丘山:そっか、じゃあ僕と一緒にぶざけたかったんだ!

輝山:多分一緒にふざけたいんだと思います(笑)。

丘山:まだ稽古2日しか一緒にしていないからな~。でも、もうこんなにいい雰囲気なんですよ。

輝山:晴さんが本格合流してからまだ2日なんですけど、晴さんが入ってから空気が一気に変わりました。すごいです。それまではやっぱりノーヴァの方たちが引っ張ってくれているというか、稽古の雰囲気作りをしてくれていたんですけど、晴さん入ると全然違います(笑)。すごく稽古場が明るくなりますね。

丘山:ついついふざけたくなっちゃうんですよね。時間もそんなに余裕があるわけじゃないんですけど、だからこそ凝縮したものをお届けできるんじゃないかと思います。長ければいいかって言ったら、そうじゃないってことに僕は気がついたの。長かろうが短かろうが、関係ないんですよ。短い方がギュッとできて、“おいしいぶどうジュース”ができるんじゃないかな。

輝山:“濃縮”ということですね!

丘山:解説ありがとうございます(笑)

――息ピッタリなお二人による本番がますます楽しみになりました! それでは最後に、改めて本作の見どころとファンへのメッセージをお願いします。

丘山:今作から観るお客さまはもちろん、前作から観てくださっているお客さまは前作との違いを感じていただける作品だと思います。ストーリーはもちろん、舞台の構成なども含めて、ここからさらに進化していく「青山オペレッタ」の世界を楽しんでいただいて、受け入れていただけたらいいなと思います。「青山オペレッタ」は歌もダンスも衣装も多くて、こんな時代だけれどもすごく華やかで楽しい世界に旅できるんじゃないかと思いますし、いろいろなメッセージも含まれている作品なので、それも楽しみにぜひ観に来てください!

輝山:「青山オペレッタ」を観に来ていただいたら、本当に観たことがないものを観てもらえると思っていますし、すごくたくさんの人のいろんなアイデアが詰まっている作品だと思うので、面白い要素だらけの作品だと思います。ぜひそういう新しいものを、広い心で観ていただけたら、すごく楽しい時間になるんじゃないかなと。前作を観てくださった方も、今作から観てくださる方にも素敵なものを届けられるように頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。

* * *

夢あるきらびやかな世界観と没入感で多くのファンを魅了した「青山オペレッタ THE STAGE」第2弾公演が今回、早くも上演される。歴史ある歌劇団のトップチームであるピエナは、果たしてどんな世界を観せてくれるのだろうか。

にこやかに語りながらも、芝居への熱い思いを滾らせていた2人の表情に期待は高まる一方だ。

取材・文:双海しお/撮影:ケイヒカル

画像一覧

  • 丘山晴己×輝山立、『青山オペレッタ 』ブランドを担う 本気度MAXで親しみあるオペラを イメージ画像
  • 丘山晴己×輝山立、『青山オペレッタ 』ブランドを担う 本気度MAXで親しみあるオペラを イメージ画像
  • 丘山晴己×輝山立、『青山オペレッタ 』ブランドを担う 本気度MAXで親しみあるオペラを イメージ画像
  • 丘山晴己×輝山立、『青山オペレッタ 』ブランドを担う 本気度MAXで親しみあるオペラを イメージ画像
  • 丘山晴己×輝山立、『青山オペレッタ 』ブランドを担う 本気度MAXで親しみあるオペラを イメージ画像
  • 丘山晴己×輝山立、『青山オペレッタ 』ブランドを担う 本気度MAXで親しみあるオペラを イメージ画像
  • 丘山晴己×輝山立、『青山オペレッタ 』ブランドを担う 本気度MAXで親しみあるオペラを イメージ画像
  • 丘山晴己×輝山立、『青山オペレッタ 』ブランドを担う 本気度MAXで親しみあるオペラを イメージ画像
  • 丘山晴己×輝山立、『青山オペレッタ 』ブランドを担う 本気度MAXで親しみあるオペラを イメージ画像
  • 丘山晴己×輝山立、『青山オペレッタ 』ブランドを担う 本気度MAXで親しみあるオペラを イメージ画像
  • 丘山晴己×輝山立、『青山オペレッタ 』ブランドを担う 本気度MAXで親しみあるオペラを イメージ画像
  • 丘山晴己×輝山立、『青山オペレッタ 』ブランドを担う 本気度MAXで親しみあるオペラを イメージ画像
  • 丘山晴己×輝山立、『青山オペレッタ 』ブランドを担う 本気度MAXで親しみあるオペラを イメージ画像
  • 丘山晴己×輝山立、『青山オペレッタ 』ブランドを担う 本気度MAXで親しみあるオペラを イメージ画像

公演情報

タイトル

「青山オペレッタ THE STAGE ~ルーナ・ピエナ/満ちる月~」

日程・会場

2021年10月9日(土)〜12日(火)
東京・渋谷区文化総合センター大和田4階 さくらホール

企画・原案

サイバード

キャラクターデザイン

滝田ちひろ

キャスト

・ピエナ
丘山晴己、輝山立、設楽銀河、武子直輝

・ノーヴァ
中山優貴、大隅勇太、矢部昌暉、友常勇気、長江崚行(映像出演)、大平峻也(映像出演)

・ファルチェ
フクシノブキ(福士申樹)

杉江大志(映像出演)
北川尚弥(映像出演)

小林竜之

スタッフ

脚本:伊勢直弘
演出:村井雄(KPR/開幕ペナントレース)
製作・著作:青山オペレッタ THE STAGE 製作委員会

舞台公式サイト

https://stage-aoyamaoperetta.com

公式Twitter

@aoyama_operetta

(C)青山オペレッタ

WRITER

双海 しお
 
							双海 しお
						

アイスと舞台とアニメが好きなライター。2.5次元はいいぞ!ミュージカルはいいぞ!舞台はいいぞ!若手俳優はいいぞ!を届けていきたいと思っています。役者や作品が表現した世界を、文字で伝えていきたいと試行錯誤の日々。

このライターが書いた他の記事も読む