インタビュー

村田琳(VOYZ BOY)インタビュー「仲間がいるからこそ舞台に立てるし、頑張れる」

画像一覧はこちら

歌・ダンス・演技などのエンターテイメントでの活躍を目指す16〜23歳のフレッシュなメンバー約30名が集まり、新宿などで定期公演を行なっている「Boiz entertainment」。芝居やメンバー全員でのパフォーマンスのほか、ライブパートでは赤・緑・青という3つのカラーに分かれて歌やダンスを披露している。

その3つあるカラーのうち、青チームのリーダーを務めているのが、蓮舫氏の息子である村田琳さんだ。

2017年の夏頃にイギリス留学から帰国して、数ヶ月後にはBoizの前身となるチームへの参加を決意。最初は「趣味感覚で始めた」だけの活動が、あるきっかけを経て「本気でやりたいこと」へと変わったという彼の心にはどんな道のりがあったのだろうか。

プロフィール
村田 琳(むらた りん)
生年月日 1997年4月2日
出身地 東京都
身長 175cm

■経歴
21歳。2017年10月にBoiz entertainment※の前身となるチームに参加。

※2019年5月15日より、Boiz entertainment は VOYZ ENTERTAINMENT への所属に伴い、 VOYZ BOY に名称変更している。

最初は趣味程度だった。でも今は、怒られたときほどやりがいに変わる


ーーまずは、村田さんがBoizに入ったきっかけについて教えてください。

友人の紹介です。2017年の夏頃に話を聞いて、面接を受けてみたら「楽しそうだな」と思って、10月に参加しました。

最初は趣味範囲でやろうと思っていたのが正直なところです。もともとアイドルに憧れていたわけでもないし、歌やダンスも演技も未経験だったんですけど、未知の世界だからこそ面白そうだな、と。

ーーBoizに入るまえに、ご両親に相談はしたんですか?

両親には特に相談しませんでした。自分でよく考えて参加を決めた後に報告はしましたが、反対されることもなかったです。母は少しだけ心配していましたけど。

ーー最初は趣味感覚で始めたというBoizの活動ですが、自分の意識を変えたタイミングはあったんですか?

ありましたね。2018年の1月ごろに行われたチーム内オーディションで落ちたことがきっかけでした。

今までの人生では、割と何でもうまくこなせてきたと思っていたんですけど、歌とかダンスはなかなか上達せず、自分の能力不足を実感したんです。あんなに悔しいと思ったのは初めてでした。

でも、当時の僕はダンスとか歌の実力が足りないだけじゃなくて、周りのメンバーたちから技を盗もうっていう意識が足りなかったんだなってことに気が付けたので、今ではいい経験だったと思っています。

ーーそんな経験を乗り越えて迎えたデビューの日、どんな気持ちでしたか。

とにかく、楽しかったですね。緊張とか不安とかよりも、楽しいという感情が溢れました。

公演は母も観にきてくれたんですけど、「頑張ってるね」と言ってもらえて嬉しかったですね。

ーー村田さんが、Boizの活動をするなかでやりがいを感じるのはどんなときですか?

スタッフさんに怒られたときですね。できていないことを指摘してくれるのは、自分のことをちゃんと見てくれている証拠じゃないですか。

もちろんできないことへの悔しさはあります。でも、言ってくれているからには期待されているはずなので、ちゃんと応えようって思うんです。

真面目キャラのはずが、じつは抜けていることがバレてきた


ーー尊敬しているメンバーは誰ですか?

立澤鎮也くん。周囲のことをよく見ているし、他人の気持ちをとても大事にするところを尊敬しています。自分に持ってないものを持っている人です。

ーー休みの日は、何をして過ごすことが多いですか?

基本的には友だちと遊んでいることが多いんですけど、予定が合わないときは録画したサッカーの試合を観ていることが多いかもしれません。

ひとりがすごい苦手なので、誰かしらと遊んだり電話したりしています。高校のときイギリス留学していて、常に友人たちと一緒だったので、ひとりだと寂しくなっちゃうんですよ。

ーー好きな食べ物はなんですか?

餃子ですね。結構がっつりしてる食べ物が好きです。何食べても太らないので、夜中にハンバーガーとかジャンキーなものを食べちゃうときもあります。

今日は、レッスンだったので夜ご飯に天津飯と豚汁とコロッケと春雨スープとプリンを食べました。いつも食べ過ぎちゃって、そのあとのレッスンが動けなくなるんですけど(笑)。

ーーすごい食欲ですね(笑)。ルーティーンとかありますか?

毎日歩くことです。時間がある日は、1日10kmくらい歩く日もあります。あんまり電車は使わないようにしてますね。

電車に乗ると階段使ったり改札通ったりとか、なにかしらの動作が伴うのが面倒くさいっていうのもあるんですけど、寝る前に携帯の充電をし忘れることが多くて、充電が常にないので、ICカードを連携してる携帯が使えないっていうのも理由のひとつです(笑)。

ーー携帯の充電が常にない(笑)。なんだか意外と抜けてるんですね。

「しっかりしている真面目キャラ」を作ってるはずなんですけど、最近ちょっと抜けてるのがバレてきました……。

先日の公演のときは、一発目の言葉が飛んじゃって。メンバーに「あれ?なんだっけ?」って舞台上で聞きました(笑)。本当はしっかりしている部分を見せたいんですけど、あれはやらかしましたね。

仲間がいるからこそ、いまの自分がある。だからBoizの一員として大きなステージに立つことが夢


ーー村田さんの夢はなんですか?

Boizとして3年以内に東京ドームに立つこと。いまは個人的な目標はなくて、まずはBoizとして頑張ることが第一です。

まだまだ自分もメンバーも足りないところはたくさんありますが、互いに補えるメンバーがいるからこそ頑張れるし、このメンバーなら夢は叶えられると思っています。

これまで続けられたのも、仲間のおかげです。同じ目標を持って、切磋琢磨し合えるメンバーがいるからこそ、こうやって舞台に立てているし、日々のレッスンを頑張れているんだと思います。

ーーファンの方々にとって、「Boiz entertainment」はどんなチームでありたいですか?

公演を観てくださっている方に対して、期待されている以上のものを毎回みせることで「応援していてよかったな」と思ってもらうことですね。

「こんなものかな」って思って公演を観にきた人でも、「想像以上だった」「2時間あっという間だった」と思って帰ってもらえるようなパフォーマンスができるチームでありたいと思っています。

画像一覧

  • 村田琳(VOYZ BOY)インタビュー「仲間がいるからこそ舞台に立てるし、頑張れる」 イメージ画像
  • 村田琳(VOYZ BOY)インタビュー「仲間がいるからこそ舞台に立てるし、頑張れる」 イメージ画像
  • 村田琳(VOYZ BOY)インタビュー「仲間がいるからこそ舞台に立てるし、頑張れる」 イメージ画像
  • 村田琳(VOYZ BOY)インタビュー「仲間がいるからこそ舞台に立てるし、頑張れる」 イメージ画像
  • 村田琳(VOYZ BOY)インタビュー「仲間がいるからこそ舞台に立てるし、頑張れる」 イメージ画像
  • 村田琳(VOYZ BOY)インタビュー「仲間がいるからこそ舞台に立てるし、頑張れる」 イメージ画像
  • 村田琳(VOYZ BOY)インタビュー「仲間がいるからこそ舞台に立てるし、頑張れる」 イメージ画像
  • 村田琳(VOYZ BOY)インタビュー「仲間がいるからこそ舞台に立てるし、頑張れる」 イメージ画像

WRITTER

ミカエル
							ミカエル
						

バーチャル編集長

このライターが書いた他の記事も読む