オンラインイベント

瀬戸啓太さん、ファンからのメッセージに「目頭が熱くなるほど嬉しかった」 配信イベント後を直撃

2.5ジゲン!!では、瀬戸啓太さんを迎えたライブ配信イベント『瀬戸啓太があなたに“ありがとう”を伝えるホワイトデー配信イベント』を2021年3月6日(土)に開催しました。

本配信イベントは、2月に実施したバレンタイン特別キャンペーンと連動した企画。Web会議ツール「Zoom」を使用して、ここでしか聞くことのできないプライベートトークやチャット機能を使った質問コーナー、ゲーム企画などたくさんの内容をお届け。瀬戸さんの笑顔があふれる一夜となりました。

イベント終了後、瀬戸さんにインタビューを実施し、イベントの感想やファンへの想いを聞きました。実直で熱さを秘めた彼の言葉をお届けします。

* * *

――本日はありがとうございました!今回のイベントはファンに向けたホワイトデーの“お返し”がコンセプトですが、瀬戸さんのバレンタインデーの思い出を教えてください。

学生時代は正直あまり良い思い出がないんです。なぜかというと、チョコをもらった経験がほぼなくって(笑)。唯一の思い出があるとすれば、小学生の頃ですかね。

塾の帰りに家の近くで紙袋を持った同級生の女子たちとすれ違ったんです。「あ、今日バレンタインか…」と思いつつも、相手は気付いていなかったのでそのまま帰宅したんですよね。

でも、やはりちょっとした期待もあって家のポストを覗いてみら、そこにクッキーが入っていたんです! 僕、それがすごく嬉しくって、でも親に見つかるのは恥ずかしくて…急いで部屋に持っていって隠しました(笑)。

夕食の時間になって一人そわそわしていたら、唐突に姉が「今日、私がいない間に友達がクッキーを届けてくれたらしいんやけど、誰か知らへん?」と言い出して(笑)。

僕は心の中で「え、待ってくれ、絶対あのクッキーやん…、僕宛じゃなかったんか…」と落胆しました。そのあと姉にバレないようにこっそりとそのクッキーを冷蔵庫に入れておきました(笑)。

――イベントのチャレンジ企画の中に「キャベツの早切りタイムトライアル」がありましたが、普段、料理はされますか?

自炊は結構します。一人暮らし歴も長いですし。配信のときにも話していましたが、僕、とにかくお米が大好きで。ごはんに合うおかずを作ったりします。忙しいと適当になっちゃいますけどね。

それ以外で得意なのは「焼きうどん」。出汁とごま油と醤油で味付けすると野菜もたっぷりと美味しく摂れるので。お米を炊いている時間がない時の定番メニューです。

上京した当初、飲食店のアルバイトをやっていたのですが、そこで接客や料理の手順だったりだったり、要領だったりをたくさん学ぶ機会がありました。

――料理の段取り以外も、物事を順序立てて進めていくタイプでしょうか。

そうかも知れないです。いつも「最短ルートで確実にゴールに辿り着く方法」を考えますね。ゴールがすでに見えているものならプロセスを考えながら動くことが好きです。

ただ、役者の仕事に関しては最短ルートっていうのはなくて、どれだけ“もがけるか”によって深みが増してくると思うので、あえてゴールを決めることはしないようにしています。

――こういった配信イベントは今回が初めてだったと伺いましたが、何か発見はありましたか?

一人で話して進行して…っていうのはやっぱり不器用だなと。画面越しだと反応が気になって焦ってしまって。「ちゃんと楽しんでくれているかな?」「伝えられているかな」っていう思いが前のめりになってしまいました。

台本を読み間違えてしまったことによる焦りなどももちろんありますが。たとえ失敗したとしても、一瞬で切り替えられるような対応力を身に付けていかないとなと思います。

――もし自分が配信を企画できるとしたらどういったことをしてみたいですか?

「お料理教室」や「ゲーム実況」です。さきほどお話したみたいに料理をする方なので、僕のオススメの料理や皆さんの料理テクを教え合いっこできたら素敵ですね。

「ゲーム実況」は個人的な願望です(笑)。俳優仲間と対戦したりしても面白そう! 舞台上ではお見せできないリアクションだったり、仲間同士の素の一面を皆さんに見ていただけるかもしれないですしね。

――配信の感想とファンの皆さんへのメッセージをお願いします。

今日は僕自身が本当に楽しませていただいた配信でした。キャベツの早切りやクッキーのデコレーションなど、皆さんと一緒に盛り上がれることができて、アルバムまでいただくことができて、改めて幸せだなぁと思います。

途中、アルバムを拝見した際には目頭が熱くなってしまい、見苦しいところをお見せしてしまいました…。僕自身、いろんな感情が沸き起こって、配信が終わった今でもまだ興奮が冷めそうにありません。

僕の想いを直接声に出して伝えるということができない期間が長かったので、今日という日は本当に素敵なきっかけをいただいたなと思います。

僕がいつも言っているように“世界平和”が全て。僕の笑顔が皆さんの笑顔につながって、またさらに伝染していけるように精進していきます。いつも応援してくださっている皆さま、心から感謝致します。本日は本当にありがとうございました。

* * *

ファンの笑顔を第一優先に考え、言葉の一つ一つが真摯。自身の行動には決して言い訳することなく、次への解決策を模索するストイックさを併せ持つ…そんな真っ直ぐで魅力的な瀬戸さんのさらなる躍進に期待が高まるばかりです。

文・撮影/ナスエリカ

WRITER