• コラム
  • かっこいい×かわいいの癒し効果は抜群だ…! ペット・動物を溺愛する2.5次元俳優
コラム

かっこいい×かわいいの癒し効果は抜群だ…! ペット・動物を溺愛する2.5次元俳優

俳優たちは作品を通じて多くの感情を観客に与えてくれる。演技をしている瞬間、彼らはもちろん言うまでもなく輝いている。それ以外にも、彼らが舞台から降りたとき。例えば、SNSから垣間見える素に近い表情というのもまた、ファンにとってはご褒美である。

好きなことに没頭している様子が伝わってきたり、ご飯をおいしそうに頬張っていたり。なかには“大事な溺愛する家族”の様子をSNSで発信してくれる俳優もいる。今回はそんな、動物大好きな俳優を厳選して紹介したい。

ペットを我が子のようにかわいがり甘やかしている俳優本人、そしてその子自身にも、思わず「可愛い~」と声がもれてしまうだろう。

染谷俊之

舞台『刀剣乱舞』鶴丸国永役で知られる染谷俊之が飼っているのはトイプードルとチワワのミックス犬・おこげ。ブログやTwitterにもかなりの頻度で登場している。おこげとのツーショットも多く載せてくれるので、染谷本人もおこげもどちらも見たいというファンにはたまらないだろう。

出演作にちなんだ小物と一緒に撮っているショットもあり、作品ファンもなんだか嬉しい気持ちになる写真が多い印象だ。

玉城裕規

舞台『刀剣乱舞』で小烏丸役、舞台『弱虫ペダル』で東堂尽八役などを演じてきた玉城裕規の愛犬・ハイビを紹介する。ハイビは彼の沖縄の実家で飼っている子で、母親から連日たくさんのハイビの写真が送られてくるとのこと。Twitterにはそのおすそ分けでよくハイビの写真が掲載されている。

玉城が帰省した際や、家族旅行の際には、ハイビと一緒に撮った写真も。愛犬の写真とともに、たまに添えられる母親のエピソードがなんとも心温まる。

蒼木陣

舞台『刀剣乱舞』で陸奥守吉行役を演じる蒼木陣。公式サイトの趣味欄に「猫とあそぶこと」と書いている蒼木はかなりの猫好き。2016年には「ねこ男子」というムック本に出演していたり、多数の舞台俳優も出演している「猫のひたいほどワイド」の月曜レギュラーなども務めていた。この番組が縁で出会った保護猫カフェの猫たちに定期的に会いに行っている様子も、Twitterで見ることができる。

また、彼が猫好きだから引き寄せるのか、野良猫との遭遇率も高い。でかけた際に見かけた野良猫の写真もよく投稿されており、彼の猫愛が伝わってくる。2018年にはブログで、将来的にたくさんの猫を救えるような場所を作る活動をしたいと投稿していた。猫好きさんは、今後の彼の猫にまつわる活動にも注目してみてはどうだろうか。

太田基裕

ミュージカル『刀剣乱舞』の千子村正役などで知られる太田基裕は、愛犬・LUCKYを溺愛している。ブログやTwitterにも定期的に登場しており、ファンにもおなじみの存在だ。なかには10年ちかく、LUCKYの成長を彼の活躍とともに見守っている人もいるだろう。LUCKYはトイプードルで、もともと目がくりっとした顔立ちをしている。気のせいかもしれないが、年々太田と顔が似てきたような気さえしてくる。

長い間、彼と一緒にいる存在なので、ごく自然にインタビューにその名前が登場したり、太田直筆のLUCKYイラストが番組企画でグッズになったりと、彼とLUCKYの存在がとても自然に一体となっているのが印象的だ。

校條拳太朗

「ツキステ。」の睦月始役や舞台「宇宙戦艦ティラミス」のスバル役を演じる校條拳太朗は、たびたび愛猫・プールとみかんの様子をTwitterに投稿している。校條は以前、スマホのデータが飛んでしまい、それまでたくさん撮りためてきたぷーことプールとみかんの写真が消えてしまったことを嘆き、ファンに過去の画像持っていませんかと呼びかけたことがある。

このツイートのリプライ欄には、幼い頃から最近までの2匹の姿が次々と投稿された。ここを見るだけで、彼と2匹の歩んできた歴史が見えてくる。そんな画像の宝庫になっているので、ぜひリプ欄をさかのぼって2匹の可愛い様子を堪能してほしい。

仲田博喜

「ツキステ。」弥生春役やミュージカル「刀剣乱舞」明石国行役で知られる仲田博喜。彼のもとに2018年から、とある家族が増えた。それはハリネズミのおはぎ。犬や猫を飼う俳優は多いが、ハリネズミを家族に迎え入れた俳優はそう多くない。白くてかわいいハリネズミ画像に癒やされたい人には仲田のSNSがおすすめだ。

https://platform.twitter.com/widgets.js

仲田デザインのおはぎグッズも商品化されており、手にしたファンも多いだろう。180cmを超える長身の彼が、手乗りサイズのおはぎを愛でている姿は、それこそ舞台ではみることができない可愛さがつまっている。

反橋宗一郎

最後に紹介するのは、ミュージカル「忍たま乱太郎」善法寺伊作役やミュージカル『スタミュ』-3rdシーズン-月皇海斗役などを演じている反橋宗一郎だ。モルモットのイワシや猫の花、犬のこじろーを飼うなど、その姿からは動物への愛がひしひしと伝わってくる。これまでには、天国へと見送った家族もいるが、その際にはしっかりと愛が感じられる言葉でファンにも伝えてくれていた。

最近家族に仲間入りしたのが、犬のこじろーである。前足を使おうとしない元気な散歩スタイルがとても愛らしいので、ぜひ投稿された動画を見てみてほしい。

俳優たちの格好いい姿に紛れ込む、可愛すぎる動物たち

端正な顔立ちの俳優と可愛い動物たちの組み合わせはいかがだっただろうか。とくに今回紹介したような、溺愛する家族がいる俳優のメディア欄は、俳優としての格好いい姿の合間に、ひょっこりと動物たちの画像が紛れ込んでくるのだ。普段ステージ上で見せる姿があまりに格好いいだけに、そのギャップがなんともクセになる。ペット・動物大好き俳優のSNSをチェックして、格好いいと可愛いを同時に摂取してみてはどうだろうか。

また、帰省シーズンは実家の動物たちが登場する機会でもある。俳優も動物も好きという人は、正月やお盆に彼らのSNSをチェックしてみると、幸せになれる画像が待っているかもしれない。

WRITER

双海 しお
 
								双海 しお
							

アイスと舞台とアニメが好きなライター。2.5次元はいいぞ!ミュージカルはいいぞ!舞台はいいぞ!若手俳優はいいぞ!を届けていきたいと思っています。役者や作品が表現した世界を、文字で伝えていきたいと試行錯誤の日々。

このライターが書いた他の記事も読む