• コラム
  • スマートに演じ分ける知性と熱意 猪野広樹の人気キャラ1位は【誕生日アンケート】
コラム

スマートに演じ分ける知性と熱意 猪野広樹の人気キャラ1位は【誕生日アンケート】

2019年9月11日に27歳の誕生日を迎える猪野広樹。クールな役も、真面目な役も、優しい役も、かわいい役も……。どんな役を演じていても、「緻密に練られた演技プラン」と「心の底から湧き出る熱量」が同時に感じられる俳優ではないだろうか。

それゆえ、幅広い役柄を、スマートにさらりと演じ分けているように見えてしまう。しかしきっとその裏側には、観客には見せない努力に費やした時間があるのだろう。

今回は、彼の誕生日を記念して事前にTwitterで実施したファンアンケートの結果を発表する。

50件を超える回答に寄せられたファンからのコメントには、彼の演技がいかに素晴らしいかを熱量を持って語ってくれたものが多かった。

ファンの熱烈なコメントとともに、改めて俳優・猪野広樹の魅力を考えてみたい。

※いただいたコメントについては文意を損なわない範囲で一部省略、誤字等の編集をしております。

大倶利伽羅役/舞台「刀剣乱舞」義伝 暁の独眼竜

猪野は刀ステに大倶利伽羅役で出演。2019年に公開された映画「刀剣乱舞」にも同役で出演をしていた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

猪野広樹さん(@hiroki_ino)がシェアした投稿

最初配役を聞いた時は少しイメージとは違うなと思ったのですが、実際に見てみて、とても理想の大倶利伽羅でした。政宗へ抱える想いや刀としてどうありたいかなど、丁寧に演じられていて、猪野君が大倶利伽羅を演じてくれて嬉しかったです。

寡黙だけど、情が無いわけではない事が伝わる繊細なお芝居が大好きです。

明るい役が多かったので、大倶利伽羅を演じると言われた時はイメージがわきませんでしたが、ばっちり大倶利伽羅を演じられていて驚きました。馴れ合わない中でも彼なりの優しさが感じられて素敵でした。また猪野くんの大倶利伽羅が観たいです。

寡黙だから一見わかりづらいけど、動く感情の機微の細かい表現がすごく上手で、魅力を感じたから。
伊達政宗公と戦う時の狂気を孕んだ目の芝居がうまかったから。

台詞の少ないキャラだから難しそうですが、大倶利伽羅らしい不器用さや強さが素敵でした。伊達政宗の若い頃が大倶利伽羅で、こなれて来たのが燭台切光忠なのかって対比も感じられて良かったです。殺陣も凄くかっこいいです。一作しか出られてないですが、また猪野さんに演じて欲しいです!

大倶利伽羅は、彼が演じた役のなかでもとりわけ寡黙なキャラクターだ。しかし、寡黙だからといって「感情」にあたるものがないわけではない。人のそれとは違った、刀剣男士なりの感情の発露、心の有り様を繊細に演じていたのが印象的だ。

ファンからのコメントをみても、「繊細」「丁寧」といったキーワードが目立つ。些細な変化を表現する演技は、些細ゆえになかなか伝わりにくい部分である。それを、劇場に染み渡らせ、観客の心に届けることができるのは、高い演技力があってこそなのだろう。

影方みか役/『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Memory of Marionette~

原作アプリ、また舞台化も高い人気を誇っているあんステ。2018年に舞台版初登場となったValkyrieの影片みかを猪野が演じた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

猪野広樹さん(@hiroki_ino)がシェアした投稿

影片みかは、人によって全く違う印象を与えるようなキャラクターだと思います。
猪野さんはそれを全て詰め込んだ演技をしてくれました。
・斎宮宗からみた影片みか
・ライブの観客からみた影片みか
・天祥院英智からみた影片みか
この3つのギャップが特に大きいと感じます。
様々な作品に出演され、経験を得てきた猪野さんだからこそ演じることができた影片みかだったと思います。

多くの作品を見てきた訳ではありませんが、この作品で、出てきた瞬間からいい意味でゾッとしました。衝撃が強かったです。役の完成度がとても高く、初めて演技のすごさに涙しました。個性の強いキャラで掴みやすいのかとも思いますがでも少しの足の使い方や指先まで表情も全てを成りきるというのは本当に難しいことです。それを彼は完璧に仕上げていました。自分の色を魅せながら役の魅力を最大限生かす、うまく役との掛け合いができている演者さんだと毎回思います。それが特に現れたものになっていたのではと、感じます。

名前だけは知って居たものの初めて観たのがあんステでした。影片みかという難しいキャラを中身外見ともにしっかりと自分の中に落とし込んで自分の物にしていました。歩き方や、せわしないコミカルな動きとライブのかっこよさのギャップも凄かったです。そして横顔が美しい。国宝。

原作をリスペクトしつつ、猪野さん自身の演技力、解釈で熱演してくださり本当に素晴らしかったです。
各インタビュー記事なども読みましたが、役に対する姿勢が素晴らしく、原作ファンとして感動しました。それがきちんと演技、踊り、歌に実現されておりまさしく有言実行だと思います。
どこをとっても影片みかでした。
今までも素敵な俳優さんだと思って応援してましたが、更に応援したくなる、素敵な時間をありがとうございました。

原作ファンの心をとらえたことがうかがえる、熱のこもったコメントが多数寄せられた。

初の関西弁キャラクター、そして意外と演じる機会のなかったアイドル役。彼にとっても挑戦がつまった役となったことは間違いないだろう。

しかもあんステはすでに2016年から続いており、原作同様に熱烈なファンがついている作品だ。

ファンからの期待や不安を一身に背負ったうえで演技で納得させたともいえる影片みか役は、今回のアンケートでも上位に食い込む回答数となった。

菅原孝支役/ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」

ハイステ初演から「進化の夏」まで出演し、主役校の3年生セッター菅原孝支を演じた猪野。今回のアンケートでは、大倶利伽羅役と影片みか役と僅差ではあったが、もっともコメントが集まる役となった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

猪野広樹さん(@hiroki_ino)がシェアした投稿

貪欲でひたむきなところとたまに毒っけがあるところや男子高校生特有の遊び心などがありピッタリでした。

本物だと思ったから。とはいえ、ただ原作をなぞるだけでなく猪野さんなりのよく考えられた解釈の上でリアルな存在感を示してくれ、お芝居というものの魅力を知るきっかけとなった。

わたしが猪野広樹さんを推すきっかけになった作品。やわらかいスガさんやみんなを支えるスガさん、正セッター争いで俺だって試合に出たい!ってしっかり影山に言える強さがあるスガさん、いろんなスガさんをたくさん魅力的に演じてくださっていて原作ファンのわたしも一気に引き込まれました。

スガさんが推しだったから猪野さんの魅力に気付けました。根がすごく真面目で努力家だけど人を弄って楽しむ悪戯っ子なところやイケメンなのに顔芸が秀逸だったりたまに振り切ったおふざけをするところ、後輩の可愛がり方なども似てるなあと思います。また初演から再演で凄くお芝居が変わったのが客観的にもよく分かり、そこで本格的に好きになったのですが、ご本人もそういう役者としての節目の作品として卒業後も愛してくれているのが作品ファンとして幸せです。

猪野くんの内面の複雑な感情の表現の芝居や立ち振舞い全てが想像していた理想の菅原孝支で、セリフを聞く前舞台に出てきた瞬間に泣いてしまったくらいの衝撃を受けた。なにより、猪野くんが菅原孝支を愛してくれているのがこっちにも伝わってきたので。

ハイステをきっかけに彼のことを知ったというコメントもとても多く、ファンにとってもターニングポイントとなった作品のひとつといえるだろう。

「似てる」や「再現性が高い」にとどまらず、俳優本人による解釈があったうえで「舞台版菅原孝支」が表現されていたことに、多くの「ハイキュー!!」ファンが心揺さぶられたのではないだろうか。

俳優が舞台上で生の演技を届ける意味。2次元のキャラクターを、2.5次元として舞台のうえで表現する意味。彼の演技からは、そういった「意味」も伝わってくる。

ハイステの菅原孝支役は、演じた期間、出演したタイトル数も多い。作品のなかでストーリーと共に成長していくキャラクターの姿を観ることができる役どころだ。

ときどき初演から映像を見返して、その成長を観たくなる作品である。

ときに柔らかく、ときに鋭くファンの心を刺す猪野広樹の演技

https://platform.twitter.com/widgets.js

実は今回のアンケートでは、上記3キャラクターへの意見が多数を占めていた。それだけ、この3つの作品はファンに与えたインパクトが大きかったということなのだろう。

とはいえ、3作品以外にも熱烈な声が届いたキャラクターはまだまだあった。ここからはまとめて紹介していきたい。

阿部隆也役/舞台『おおきく振りかぶって』弱虫ペダルの今泉もあんステの影片みかも甲乙つけがたいですが、主演の三橋を支えるところがまさしく阿部でした!口が悪いけど熱いところ、頭脳派なところがぴったりでした。

今泉俊輔役/舞台「弱虫ペダル」今年のリミットブレイカーの、プライドをかけて戦うところ、負けてしまったけれど折れずに立ち直るところが凄くかっこ良かったです。前作で先輩に酷い言い方をしてしまい、自分も負けて謝るところが辛いけど潔くて素敵でした!
原作にない、客席に背中を向けているだけのシーンも思いが伝わって来て泣きそうになりました。
いつも作品によって全然印象が違って、キャラへの理解が凄くて尊敬します。

飯田天哉役/「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stageビジュアルも凄いし、初日に見た時に背中に定規入ってるのかと思う歩き方も飯田がいたらこうだなって思い感動した。原作通りの堅物委員長だけど熱いところ、運動神経が良く、足が早い能力も説得力があった。授業中に掃除道具持っているのが飯田っぽいし似合い過ぎた。固すぎてユーモアが感じられる。
次回も絶対に出演して欲しいです!

朽木白哉役/『ROCK MUSICAL BLEACH ~もうひとつの地上~』私が本気でこの俳優さんが好きだ、応援したいと思えたからです。纏っているオーラ、所作や殺陣の美しさ、声の出し方が前作と全く違って本当に同じ俳優なのか?と思いました。猪野さんの芝居に惚れた作品でした。キャラクターが好きというより、猪野さんが演じる白哉が好きでした。

宮ノ杜進役/舞台「華ヤカ哉、我ガ一族」作品が好きで、舞台観たら本当に進様でした。

舞台に出演するようになった頃の作品から、最近の作品までコメントが寄せられた。「1番好きなキャラクター」としてこうして複数の役どころが挙がるのは、どんな役にも丁寧に向き合ってきたことの成果といえるのだろう。

さらに、映像作品にもコメントが寄せられていたので紹介したい。

アドニス役/ドラマ「ディキータマリモット-オウセンの若者たち-」映画「ディキータマリモット」素っぽくて好きでした

タクヤ役/ドラマ「クズの本懐」あのお顔の整い具合であのクズ男ぶりは狡い

あなたの好きなキャラクターは入っていただろうか?

2019年は、久しぶりの主演舞台となる「PERSONA5 the Stage」が年末に控えている。話題作に多数出演している猪野広樹の、2019年の集大成となるのではないか。メガネがあまりに似合っているキャラクタービジュアルに期待は高まるばかりだが、この作品でもまた新たなファンを虜にするのだろう。

知的な役どころを、彼本来の知性を使ってどう演じるのか。27歳となって初の主演舞台がいまから楽しみである。

WRITTER

双海 しお
 
								双海 しお
							

アイスと舞台とアニメが好きなライター。2.5次元はいいぞ!ミュージカルはいいぞ!舞台はいいぞ!若手俳優はいいぞ!を届けていきたいと思っています。役者や作品が表現した世界を、文字で伝えていきたいと試行錯誤の日々。

このライターが書いた他の記事も読む